タイムズベとデンマーク近所に。

あとは夫「信平醇浩」が訴えた部分の審理を残すばかりとなった。その詳細については、改めて、後述しようと思う。しかし、振り返って見るに、彼女は自分自身が、百も虚偽と知りつつ、なぜ、こんな〃告白手記″を発表したのか、あるいは、しなければならなかったのか、という疑問が出てこよう。彼らの心に渦巻いているものは、脱会なり、役職解任にまつわる怨念(おんねん)だけではなきそうだ。自分だけは人一倍、正義漢ぶろうとする人物に限って、自身がしでかした社会的な不正というものを、何とか隠したいという下心が潜んでいるのが常である。彼らに共通する行動パターンは、生き甲斐の原点としてきたはずの学会を叩き、世間に〃学会悪者論″を煽り立てることである。そして、自分たち自身を、その〃モンスター〃に抵抗する上序章背後にうごめく黒い“意図子》う鷺一いロイン(あるいはヒーロー‐)に祭り上げ、せめて犯した罪を相殺させたい、これである。となれば、〃衝撃の告発″どころではない。に向けた狂った刃(やいば)は、一転、彼女たち自身に突きつけられざるを得まい。

母の見舞いに大阪へ行くと、その部屋に母のふとんが敷いてあった。その部屋は、ダイニングキッチンに隣接しており、木製の引き戸を開けると、ひとつながりの部屋になる。娘時代、よくこの戸を開けて、大勢の友人たちとパーティをしたものだ。母が病んでからは、木製の引き戸がとり払われ、完全にひとつながりの部屋になっていたらしい。その応接間側に、母のふとんが敷いてある。この部屋からは庭や、庭の花々がよく見える。食事をしている家族との会話も出来るし、トイレも近い。一九七九年に亡くなった父も、病気のとぎは、よくこの部屋にふとんを敷いて横になっていた。ただし父の死因は肺炎だったから、突然入院し、たった五、六日の闘病で亡くなってしまった。建築家の父は、この部屋で病むことを想定して設計したのだから、病院で逝くのはさぞかし本意ではなかつ たろう。

月一五日勅令をもって撤廃され、二一月二九日には同じく勅令をもってこの法の受刑者は「将来ニ向ケ其ノ刑ノ言渡ヲ受ケザリシモみなノ卜看されることになった。松尾尊同参】奥平康弘司治安維持法小史ι筑摩書房一九七司ちいきいりょう地域医療企地域という枠をもうけ、そのなかでの人々の医療の必要度にしたがって病院の種類、病床数、診療所を計画的に配備すること。近代医学は・自然科学モデルによって発達してきた。これは生物三三三ち体としてのヒ卜の病気を、体内であきらかにし、それを除去する方法論につながる。これは、とくに具体的な人間という存在は考慮にいれなくても、どこでも適用可能であり、その普及によって人々の健康は向上するはずである。

獣医療へのメディカルAの使用について、蕨市の小林閏仁先生は言った。「メディカルAは、先にいろんな臨床というか実践があって、それから獣医療の世界へ入ってきたでしよ。先に青木さんの実践があった。だからいいものはいいでいいんじゃないか。それは獣医師の裁量権の範囲内だと思う。飼い主ざんに迷惑をかけず、むしろメリットがあるのであればいいんじゃないかと思います」 効くぞ自然療法身体に病気とたたかう力を最初にメディカルAを世に送り出した日本獣医畜産大学璽蔦果誠先生に、メディカルAの力についての分析と今後の展望について聞いてみた。メディカルAは、なぜ効くんだとお考えですか?「メディカルAの主成分はティートリーですが、それだけではない。ティートリーが単体で持っている作用もあるけど、他にもいろんな作用のあるエッセンシャルオイルが入っている